平成最後の想いとSTAUBレシピVOL.6【春野菜の発酵スープ】

みなさん、こんにちは。
薬に頼らない薬剤師の秋吉佑美です。

平成最後の今日。
久しぶりに一人でShortTrip。
今、鹿児島のカフェでこの記事をかいています。

Sponsor Link

早起きして串間へ。
これすんごく美味しかった。
鰤が分厚い。
プリプリしていてアレンジも美味しかった。
早起きしてよかったー!
ずっといきたかったの。
早起きは三文の徳だ。
大将がとっても気さくで素敵でした。

鰤丼宮崎

これだけついて、なんと、1000円。
破格です。さすが宮崎。

お店のお問い合わせが多かったので、リンク貼っておきます。

大乃家

そのあと、産直やらウロウロして、
鹿児島の気になっていたカフェへ。今。
もっといきたいところあったんだけど、時間がなかったー。

ラジオを聴きながら来たのですが、
平成ヒットパレードが流れていて、なんだか懐かしい曲がたくさん…
なんだか、うるうるしちゃったなぁ。
天皇陛下の退位のニュースも流れていたし、平成がもう終わるのかと思うと、ね。

なので少し振り返りの記事にもなります。

Sponsor Link

私は昭和2年、平成31年、今生きてるんだよなあと思うと、
平成には、本当に本当に、たくさんの思い出があるわけで。
命をいただいて、もうそんなに月日が経ってるのね!とも思ったり。
曲と共に思い出も、たくさんたくさん、でてきます。

小さい頃の思い出、学生の時の思い出、
大人になってからの思い出、
仕事で大変だった時元気もらったなとか、
恋愛していた時、聞いていたよなとか。
ライブ行ったよな、とか。

ラジオのパーソナリティの方がこう仰っていました。
「平成最後をこのように、みんなで曲を聴きながら、
平成を思い出して過ごせることって平和だねぇ」って。
それだけみんな平成に思い出がたっくさんだよねって。
ご縁に感謝だねって。
その時に、浜崎あゆみのseasonsが流れてきて。

改めて聴くとこんな歌詞なのね。
あゆのライブも行ってたなー懐かし!

やっぱり曲の力はすごいです。

思い返せば、平成の時代には、
私自身にも本当に本当に色んなことがありました。
31年もたっていれば当たり前かとは思いますが笑。
今の私があるのは、両親から命をいただいたお陰様。
そして、家族、
小さい頃からの友人、学生時代の友人や恩師、先輩後輩、社会人になってからの友人、職場の方々、
岡山、大阪、宮崎でのたくさんの出会いで知り合って仲良くなった方々、お世話になりまくっている方々、
書ききれませんが、本当に全ての方のお陰様です。
あーなんだか書いてて涙でてきた。笑

でもね、本当なのです。
きっと岡山や大阪や、旅行にしても、その場所に行かなかったり、住まなかったりしたら、
今の私はいないんだよな。
そしてUターンしていなくても今の私はいない。

これまでの、一つ一つのご縁って本当に大切で、
その方々と出会ったから、出会えた方々がいた。
そしてそれからまた出会えた方々もいた。
友達と友達が繋がって、そこからのご縁もあって、繋がっている方々がいる。

一つのふとした出会いが、また繋がっていくこの連鎖。
きっと全て、偶然ではなくて、必然な出会いがあって、私たちの「今」はあるのかもしれない。
お仕事でも繋がったし、プライベートでも繋がる。
本当に不思議だよね。

私にとっての平成は、「感謝」の時代でした。
喜怒哀楽をたくさん経験した時代。
それがあるから、私自身を作った、平成の醍醐味だったのだろう、とも思う。

まだまだ、やりたいことはあるし、経験したいこともたくさんある。
仕事に関しても、プライベートに関しても。
もちろんもっと詰めていかないといけないところもある。
でも、自分の軸や本質的なところはぶれずに、仕事にしろ、プライベートにしろ、
毎日を大切に生きていきたいな、と思う。

そりゃあ時には、笑ってばかりじゃいられない時だってある。
だって人間だもん。笑
泣きたくなるときもあるし、どうしようもなく悲しくなるときもある。
でも、それでいいんだーともなんだか最近思ってる。
それが私だから。
ありがとうの気持ちを大切に、丁寧な毎日を送れていれたら。

明日からの「令和」という時代。
一体どんな表情の時代になるのか。

Sponsor Link

私は、SNSで発信することが多い。

SNSはすごくすごく、すごいなぁと思うことがある。
知らない土地の絶対出会わないのではないか、という方々とも、共通のお話ができることがある。
趣味だったり、仕事であったり。
それって、本当にすごいことだよね。
そして便利なことも多い。
お店の情報だって生の声がすごく反映されてる。

それに加えて、というか、
私は、面と向かって、
相手の表情を見たりだとか、相手の喜怒哀楽を見たりだとか、きちんと話すことも大切だし、
これからも、そうしていきたいなとも思ってる。
他のことに関しても同じ。
自分がどう感じるか、感情の尺度は個々で変わってくる。

文字だけではわからないところが、この世の中には、まだまだたくさんあるんだろうな、と思う。
たくさんの事柄が溢れている時代、大切なものを置いていかないようにしなきゃ。
「自分らしくある」ということは、「素直に相手と向き合って、相手の心に寄り添う」ということなのかもしれない。
綺麗事をいうのは苦手だから。

きっと、明日からの「令和」という時代も、
みんなが多くの経験をして、
たくさんのことを感じて、大きくなっていくんだろう。

平成、本当に本当にありがとう。
天皇陛下様に、感謝だね!

令和、よろしくね。

あー長くなっちゃいました。

話は変わります。
STAUBレシピVOL.6です!
今回は春野菜を使って。
宮崎産の新玉ねぎとたけのこ。そして、豚肉で、お腹の調子も整えて美肌にも導いてくれるスープ。

新玉ねぎと筍のローズマリー塩麹スープ

まずは、少し薬膳の効能を。
今回は、たけのこをご紹介いたします。

筍の栄養、薬膳効果とは?

筍は、春のお野菜。
体の余計な熱を冷ましてくれます。
なので、季節の変わり目で、風邪気味の方も多いこの時期、今回ご紹介するスープ、
ぜひお試しを。
風邪の時には、体力つけるために食べる!!という方も多いかもしれないですが、
なるべく胃腸を休めることも大事
だからスープで温まってね。

そして、咳止めや去痰作用(痰切り)もあります。

お薬で言えば、咳止めはメジコン、去痰作用はムコダイン、ムコソルバンなどがこの薬効になります。
私、実験してみたんですよ。
なぜなら、この前、さっむい中、サーフィンしてたら、なんか、喉変やなぁとなって、
筍あったし、スープにしようと思って作ってみたわけ。
そしたら、治ったんですよ、やっぱり。
痰が少し絡んでいたけど、数時間後にはもうスッキリ。
すごいよね。

そして、整腸作用もあるので、下剤に頼り気味の方にもオススメ。

ちなみに、豚肉のビタミンB1と玉ねぎのアリシンの相乗効果で疲れにくくなりますよ。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期。
ぜひ、お試しください。

レシピはこちら

新玉ねぎと筍のローズマリー塩麹スープ

新玉ねぎと筍のローズマリー塩麹スープ

yumipo.aさん

春野菜の新玉ねぎが大好き。スープにすると甘くトロトロに。塩麹でお腹の調子もよくなるし、美肌にも。豚肉と玉ねぎを合わせることで、疲れにくくなります。また、 筍で、咳や痰も鎮めてくれます。
レシピブログ

 

今までのレシピもぜひ。
おかげさまで、ご好評頂いております。
いつもありがとうございます。

ALEVEL(エイレイベル)さんに掲載していただいております、STAUBレシピVOL5

今までのレシピはこちらです。

【STAUBレシピVOL.1】宮崎産の季節野菜のお味噌汁で体調を整えよう!

【STAUBレシピVOL.2】甘藷のほっこり炊き込みご飯

【STAUBレシピVOL.3】豚軟骨で美肌!とろとろトマト煮込み

【STAUBレシピvol.4】クリスマスに!発酵塩レモンロースト手羽はいかが?

【STAUBレシピVOL.5】消化力アップ!レモングラスの鳥スープ

インスタグラムはこちら。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More



Sponsor Link







コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

yumipo

Yumipo/Yumi Akiyoshi. Live in Miyazaki. 薬剤師/ マクロビ上級/OrganicSelfTherapist &Expert 朝美人アンバサダー クックパッドレシピエール ブロガー/ライター/農家さん応援隊 宮崎で生まれ、岡山、大阪で過ごし、宮崎にUターン。 薬剤師の仕事をしながら、栄養学に興味をもつ。 「私たちの身体は食べたもので出来ている」ということを日々の食生活で実感。 薬ではなく、食事で心と身体の元氣を伝えていきたいと思い2014年からブログを立ち上げている。 2017年4月より本サイトに移行。 メディアにてコラムを複数執筆。 朝時間.jpにて朝美人アンバサダー兼任。 クックパッドのレシピエールとしても活動中。 また薬剤師をしながら、栄養指導やレシピ制作を行っている。 宮崎のお野菜を使って、その時期に起こりやすい体調に合わせた料理の提案をすることが好き。 農家さんを応援しています。 メディア掲載情報; BeautyNewsTokyo, 朝美人アンバサダー, ファーマシスタ, 美LAB., レシピブログ., FAURA, クミタス, Spotlight,by.S,Neverまとめ,その他メディア